街の中心にそびえる松山城を中心に
あれもこれも集まるコンパクトシティ

松山市は人口51万人の県庁所在地で四国最大の都市。市内中心部にそびえ立つ松山城を中心に、街・海・山がコンパクトに集まっています。

ショッピングセンターへの近さ日本一

伊予鉄道松山市駅からL字型に続く「銀天街」「大街道」商店街周辺は百貨店や商業施設が充実。百万都市に匹敵するといわれる歓楽街もあります。

道後温泉まで路面電車で約10分

道後温泉や松山城は、観光客だけでなく市民の生活に溶け込んだランドマーク。市内中心部から道後温泉までは路面電車で約10分の近さです。

松山空港まで車で約15分

市内中心部から松山空港まで車で約15分の近さ。首都圏や関西圏へも松山空港からLCCを利用すれば気軽にお出かけできます。

居住費や物価などの生活コストが低く
マイホームの夢も実現しやすい

全国の都道府県庁所在市の民営借家の家賃を調べたデータによると、松山市の家賃が最も安く、最も高い東京都区部の半額以下です。住宅購入費の安さも際立っており、土地付き住宅、分譲マンションともに、東京都と比べると約2000万円の差があります。
また、松山市は全国の県庁所在市で7番目に物価が安い都市です。

民営賃貸住宅の家賃の安さ全国1位

松山市の賃貸住宅の家賃は県庁所在市の中で最も安く、東京の半額以下です。

土地付き住宅購入費とマンション購入費の比較

土地付き住宅、分譲マンションともに、東京都と比較すると約2000万円もの差があります。月々の返済額も7万円近く東京より少ないデータが出ています。

都市別消費者物価は全国7位の安さ

消費者物価を、全国で最も高い東京と比較。物価地域差指数では、松山は全国で7番目の安さとなっています。

人が優しくて家族仲も良好だから
主婦が幸せに暮らせる街ランキング5位

全国の20〜40代の主婦4793人を対象に、「暮らし」「家族」「お金」「食事・健康」「モノ・趣味」の5つの指標を点数化した調査で、松山市は藤沢市(神奈川県)、稲城市(東京都)、西宮市(兵庫県)、三鷹市(東京都)に次ぐ第5位にランクインしました。
5つの指標の中でも、松山は特に「家族」の幸せ度が高い結果が出ました。さらに、暮らしている地域の住民や環境についても、「親切・優しい人が多い」「人懐っこい人が多い」と感じている傾向が高いようです。「家族仲」に加えて、「ママ友」との関係性も良好なことが、松山のママたちの幸せ度の高さにつながっているようです。

松山の主婦は家族が仲良く、健康で楽しい暮らしを送っている

優しく、人懐っこい人が多い土地柄

お接待の文化。ボランティア時間も日本一

通勤・通学にかかる時間が日本一短く
自由に使える時間も日本一!

通勤や通学にかかる時間は、なんと全国1位の20分!街がコンパクトで起伏も少ないため、運動をかねて自転車で通う人も多いようです。さらに、コンパクトな街で働く人たちは、労働時間も効率的でコンパクトなのか、仕事の平均時間も全国2位の短さで、それに比例して余暇時間の長さは全国1位となっています。

通勤にかかる時間の短さ

電車やバスなどの公共交通機関はもちろん、街がフラットなので、満員電車に揺られることもなく、自転車での通勤通学の人も多いようです。

仕事の平均時間 全国2位の短さ

街がコンパクトで、効率よく動けるから、サラリーマンの労働時間も全国で2番目の短さ。

余暇時間の長さ 全国1位

通勤通学と仕事時間が短いから、家族と一緒に余暇や趣味などが楽しめる自由な時間が全国で最も長い。

瀬戸内の豊かな自然が育んだ
おいしくて安心な食材が入手しやすい

松山への転入者がまず驚くのが「スーパーや病院、学校など、生活に必要なものが身近にある」利便性の高さ。地元で採れた野菜や鮮魚が近所のスーパーにも並んでおり、「地域でとれた食材の入手しやすさ」「ショッピングセンターへの近さ」を見える化したデータでも全国1位に輝いています。

地域で採れた食材が入手しやすい【全国1位】

温暖な気候に恵まれた松山は美味しい食材の宝庫。市内スーパーの産直コーナーでも新鮮な野菜や瀬戸内の恵みが入手できる。

まつやま農林水産物ブランド「愛 上品」

松山市は温暖な気候と豊かな自然環境に恵まれ、農林水産物やそれらを原料とした加工品が数多く生産されています。
まつやま農林水産物ブランド化推進協議会はこうした全国に誇れる松山産の農林水産物を情報発信し、「松山らしさ」「松山ならではの価値」を伝えるなど、知名度や信頼性を高めて、ブランド化を推進することを目的としています。
まつやま農林水産ブランド「愛 上品」について

産直コーナーに注目!

JAえひめ中央が運営する太陽市、道の駅の産直市などのほか、市内スーパーの産直コーナーでも地元産の新鮮野菜や果物をお手頃価格で購入することができます。瀬戸内の新鮮な魚介類が買える三津の朝市も定期的に開催されています。

子どもの急病に24時間対応。
海・山などの自然も豊かだからのびのび子育てが楽しめる。

街・海・山のバランスが良い松山は、豊かな自然の中でのびのびと子育てが楽しめます。さまざまな子育て支援制度も整っており、とりわけ365日24時間の小児救急医療体制は、子どもが急に病気になった時でも安心です。
また、就学前までの子どもたちが利用できる施設は、平成27年4月現在、保育所が61カ所(保育所型認定こども園を含む)、幼稚園が44園(幼稚園型認定こども園を含む)、幼保連携型認定こども園が7カ所あり、市立の保育所と幼稚園あわせて13園で園庭を芝生化しています。

子供の病気にいつでも対応。小児急患医療体制を整備

松山市急患医療センターと小児二次救急病院との連携により、子どもの急な病気を全力でサポート。24時間安心して子育てができます。
えひめ医療情報ネット

子供の医療費負担をサポート

就学前までの入院・通院医療費、中学3年生までの入院医療費を助成します。

①乳幼児医療

【対象者】0~ 6歳 就学前まで
【対象範囲】入院・通院の保険診療による医療費の自己負担分を助成

②児童医療

【対象者】小学1年生から中学3年生(15歳年度末)まで
【対象範囲】入院の保険診療による医療費の自己負担分を助成

温暖な気候で災害が少ない。
四国山地に守られた、穏やかな地

典型的な瀬戸内海式気候の松山は、年間を通じてさわやかな青空が広がる温暖なまち。四国山地のおかげで、台風の影響を受けにくく、大きな自然災害もあまり起きていません。
松山は年間降水量が少ないことから、市民の節水意識も高く、市民一人当たりの給水量は、全国の中核市の中で一番少ない都市になっています。また、自主防災組織の結成率も100%となっており、市民の防災意識や、エコ意識の高さも自慢の一つです。

松山市 基本データ

【人口・面積】

総人口 515,342人(男240,415人、女274,927人)
世帯数 232,218世帯
世帯平均人数 2,22人
人口密度 1,201人/㎢
松山市の面積 429.37㎢

H27年4月1日現在推計人口
(直近の国勢調査を基に、出生・死亡・転出入などを加減した人口)

【子育て・教育】

保育所 61カ所(保育所型認定こども園含む)
幼稚園 44園(幼稚園型認定こども園含む)
小学校 59校(うち4校休校)
中学校 29校
高等学校 16校
大学 4校(うち3校は短期大学あり)
専門学校 19校

(平成27年4月1日現在)

【医療】

病院、一般診療所 534施設 歯科 256施設
小児科 48施設 眼科 39施設
産科・婦人科 27施設    

(平成27年12月現在)

【福祉】

訪問看護 55
(みなし指定を除く)
介護老人保健施設 15
通所介護 200 介護療養型医療施設 12
短期入所生活介護 60 認知症対応型通所介護 17
特定施設入居者生活介護 44 小規模多機能型居宅介護 55
居宅介護支援 200 認知症対応型共同生活介護 115
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 24 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
(地域密着型特別養護老人ホーム)
12

(平成27年4月1日現在)

 
軽費老人ホーム 13 有料老人ホーム 54
サービス付き高齢者向け住宅 70    

(平成27年12月現在)