宮前みやまえエリア

駅が多く交通の便が良い宮前地区は、公園も多くのんびり過ごせる

エリア基本データ

面積
2.95㎢
人口
14,563人
世帯
6,144世帯

10年前との比較

人口
96.7%
世帯
105.6%
俳句ポスト

ピックアップ

  • 01

    伊予鉄道三津駅

    伊予鉄道松山市駅・古町駅とともに四国で初めて開設された鉄道駅。1895(明治28)年に松山の中学校に赴任してきた夏目漱石が三津浜港から四国に上陸し、最初に汽車に乗った駅。地元の銘菓が味わえる喫茶スペースも人気。

  • 02

    中須賀公園

    カラフルなチューブ型滑り台とうんていが一緒になったコンビネーション遊具があり、子どもたちが多く集まる。

  • 03

    JR三津浜駅

    JR松山駅までは普通列車で4分ほど。地元の足として通勤・通学などに利用されている。駅舎内にあるうどん店も評判。

  • 04

    青葉台公園

    高台にあり、周辺の町並みや山々が見渡せ、吹き抜ける風が心地いい。敷地も広く、のんびりと過ごせる公園。

  • 05

    グラウンドゴルフ

    宮前地区はグラウンドゴルフが盛んで、毎朝公園で練習する市民の姿が見られる。松山市の大会でも上位の成績を収めている。

  • 06

    文楽「伊予源之丞」

    古く淡路から三津浜地区に伝わった人形芝居。現在、宮前地区の人々が主体となって継承し、その保存に努めている。

どんな地区ですか?

宮前地区は松山市の北西部に位置し、近隣には松山空港や、松山の海の玄関口である松山観光港があります。以前は農業を中心としていましたが、近年は住宅街へと移行してきています。地区内にJRと私鉄の駅があり、交通の便が良い地区です。また、スポーツ活動が盛んで、特にグラウンドゴルフのレベルは高いです。郷土芸能や文化財の保存にも力を入れ、地域住民の交流を図っています。

生活環境はどうですか?

宮前地区内には駅のほかに、幼稚園、保育園、小学校があります。隣接する地区には公立中学校のほかに、私立の高校や、公立の中高一貫校である松山西中等教育学校もあります。また、公園も多く、電車を見ながら遊べる公園や、遊具が充実した公園、のんびりと過ごせる公園などさまざまです。スーパーやドラッグストアも多く、買い物にも便利です。港が近いため、新鮮な瀬戸の魚が食べられるのも魅力です。

公共交通機関でのアクセスは?

伊予鉄道三津駅が最寄り駅となります。三津駅から市内中心部である松山市駅までは高浜線で所要時間15分ほどで、日中は15分間隔で運行しています。また、三津駅からJR三津浜駅や済生会病院前を通るループバスも運行しています。JR三津浜駅からJR松山駅までは予讃線の普通列車で所要時間は約4分。1時間に1、2本運行してます。