難波なんばエリア

釣りや海水浴、スポーツを楽しめる レジャースポットが充実

エリア基本データ

面積
9.44㎢
人口
2,003人
世帯
787世帯

10年前との比較

人口
92.2%
世帯
108.7%
俳句ポスト

ピックアップ

  • 01

    道の駅「風早の郷 風和里」

    松山市内にある唯一の道の駅。青空市場には新鮮な活魚や地元で取れた朝採れ野菜、手作り惣菜や漬物などがずらりと並ぶ。地元食材を使ったモダンなレストランや、四季のフルーツを使った手づくりジェラートも好評。

  • 02

    鎌大師堂

    北条出身の作家・早坂暁が脚本を手がけたドラマ『花へんろ』の重要な舞台となった。立ち寄る歩きお遍路さんも多い。

  • 03

    風早の長浜海岸

    石積みの防波堤が砂浜と一体となり景観を形成している。ビーチバレーや釣りなど多様な楽しみ方ができる。

  • 04

    北条スポーツセンター

    北部地域のスポーツ活動拠点。球技場、陸上競技場、フットサル場、体育館、レストハウスなどがある。野球場もオープン予定。

  • 05

    風早だるま夕

    10月下旬から120日間ほど、気象条件があえば見ることができる珍しい夕日。立岩川の河口付近は、絶好の撮影ポイント。

  • 06

    一茶の道

    小林一茶が初めて伊予を訪れた際、歩いたといわれる鴻ノ坂から門田兎文邸までを結ぶ約4.5kmの道。最明寺境内には句碑も建立されている。

  • 07

    庄大根

    首の部分が鮮やかな赤紫色が特徴の地域野菜。自然交雑により種が途絶えそうになったのを復活させた。

どんな地区ですか?

松山の北に位置し、恵良山や腰折山、新城山といった山々が北に、南には立岩川、西に瀬戸内海が広がる自然に囲まれた地区です。山々の麓から南の立岩川の間には平野が広がり、米や野菜作りが盛んです。特にタマネギは地域の特産品として評判です。ブルーベリーや新種のかんきつ類の栽培も盛んです。東の庄地区は、途絶えかけていた地域野菜の庄大根栽培を復活させるなど、積極的な試みを行う農家が多い地区です。

生活環境はどうですか?

地区内には北条スポーツセンター、北条公園球技場などがあり、サッカーや野球の練習環境に恵まれています。また立岩海水浴場や立岩川水辺公園では、自然の中で一日のんびりと過ごすことができます。立岩川河口付近はだるま夕日の撮影ポイントになっており、秋から冬にかけてのシーズンになると多くのカメラマンが詰めかけます。伊予万歳や詩吟などの郷土芸能も活発に行われ、地域や世代間の交流も行われています。

公共交通機関でのアクセスは?

南に隣接する北条地区にある、JR予讃線の伊予北条駅が最寄り駅です。JR松山駅までの所要時間は普通列車で20分強~30分ほど。特急も停車し、最短で12分でJR松山駅に到着できます。地区内は道路整備が進んでいて、通勤通学には自転車やマイカーが便利な地区です。車での移動の場合、難波公民館からJR伊予北条駅までは約8分、市内中心部の松山市役所までは約40分です。