松山の魅力全国ランキングまとめ

主婦が幸せに暮らせる街
全国5位

全国の20〜40代の主婦4793人を対象に、5つの指標を点数化した調査で、松山市は全国5位にランクインしました。
出典/平成26年(株)学研パブリッシング調べ

住みたい田舎ランキング
3年連続四国1位

風光明媚な瀬戸内の島々を擁する松山市は、『田舎暮らしの本』(第4~6回)の「住みたい田舎ベストランキング」で、3年連続四国ブロック第1位に選ばれました。

通勤にかかる時間の短さ
全国3位

満員電車に揺られることもなく、街がフラットでコンパクトなので自転車で通う人も多いのが特徴です。
出典/「平成28年社会生活基本調査」総務省統計局
6歳未満の子どもがいる世帯の夫の通勤時間の平均値

人口10万人あたりの
百貨店・スーパー数
全国5位

出典/平成27年4月分商業動態統計調査(経済産業省)、平成26年10月人口推計(総務省統計局)

病院又は診療所までの距離の近さ
全国1位

愛媛県立中央病院や松山赤十字病院など、街の中心部に愛媛県の拠点医療機関があり、いざというときにも心強い。
出典/「地域の生活コスト『見える化』システム』(経済産業省)」

地域でとれた食材の入手のしやすさ
全国1位

温暖な気候に恵まれた松山は美味しい食材の宝庫。市内スーパーの産直コーナーでも新鮮な野菜や瀬戸内の恵みが入手できる。
出典/「地域の生活コスト『見える化』システム』(経済産業省)」

ショッピングセンターへの距離の近さ
全国1位

市内中心部の銀天街、大街道商店街周辺には百貨店や商業施設が充実。車で20分ほどの郊外には中四国最大級のショッピングモールもある。
出典/「地域の生活コスト『見える化』システム』(経済産業省)」

民営賃貸住宅の家賃の安さ
全国2位

3.3㎡(約1坪)あたりの家賃1ヶ月分は、県庁所在地の中で2番目に安く、東京都区部と比較すると、なんと半額以下に!
出典/平成30年「小売物価統計調査(動向編)」総務省統計局 ※県庁所在地比較

都市別消費者物価
全国9位

出典/平成30年「小売物価統計調査(構造編)」総務省統計局

防災士の数が日本一!

松山では市民の防災意識が高く、消防団員数は四国一で、自主防災組織の結成率も100%!防災士の数も全国自治体最多で、いざというときの備えは万全です。

1人1日当たりのごみ排出量
全国最少

松山市の1人1日あたりのごみ排出量は、人口50万人以上の都市の中で最少となっています。
出典/環境省の一般廃棄物処理事業実態調査(平成28年度)

市民1人当たりの給水量の少なさ
上位(中核市)

市民への啓発活動をとおして、節水意識の高揚を図り、市民1人あたりの給水量は、中核市の中でも上位の少なさを維持しています。

仕事の平均時間の短さ
全国7位

街がコンパクトで、効率よく動けるから、サラリーマンの労働時間も全国で7番目の短さ。
出典/「平成28年社会生活基本調査」総務省統計局
6歳未満の子どもがいる世帯の夫の仕事時間の平均値

余暇時間の長さ
全国2位

通勤と仕事時間が短いから、家族と一緒に余暇や趣味などが楽しめる自由な時間が全国で2番目に長い。
出典/「平成28年社会生活基本調査」総務省統計局
男女10歳以上の3次活動時間の平均値

公衆浴場数
全国1位(中核市)

道後温泉の他にも、市内各所の温泉は松山人の心のオアシス。自宅のお風呂代わりに毎日の温泉通いがルーティーンの人も珍しくありません。
出典/「平成29年度衛生行政報告例」厚生労働省